ランニング記録

なぜ3kmと決まっているのですか?

スピードやランニングの距離にかかわらず、13歳以上の方ならどなたでもVitalityランニングワールドカップに参加することができます。一方で、これはランニングイベントでもあります。そこで、ウォーキングより若干速いスピードだと30分で3km進めると想定しました。つまり、このペースならより多くの人が達成でき、国の代表として参加できるからです。中には達成が難しい人がいるかもしれませんが、Vitalityランニングワールドカップの参加をきっかけに目標を設定し、達成する喜びを味わっていただきたいと考えています。

ランニング距離が3km未満の場合はどうなりますか?

3 km未満だった場合、ランニングの記録自体はアカウントに残りますが、30分で少なくとも3 kmを達成しない限りはカウントされません。この場合、ランニングの合計距離はカウントされます。

3kmを達成しても、30分以上かかった場合はどうなりますか?

3 km未満だった場合、ランニングの記録自体はアカウントに残りますが、30分で少なくとも3 kmを達成しない限りはカウントされません。この場合、ランニングの合計距離はカウントされます。

3km以上走った場合はどうなりますか?

もし、あなたの走った合計距離が3㎞を超えても、時速6㎞以上で合計距離を走った場合は記録されます。

チームの成績を向上させるため、より長い距離を走ることはできますか?

はい、30分以内に少なくとも3 kmを完走していれば、所定の期間内に行うすべての追加のランニングは、自国のランニングの合計距離に加算されます。

初めてのランニングはいつ行えばいいですか?

サイトに記載されている予選ラウンド中に初めてのランニングを記録する必要があります。あなたの国が次のラウンドに進む場合、これまでのスコアとランニングの記録はゼロにリセットされるため、再び一からランニングを記録する必要があります。

ランニングすべき時間帯は決まっていますか?

イベントにおける各ラウンドの予選期間をご確認ください。ランニングをカウントさせるためには、お住いの国で指定されている時間枠内にランニングをする必要があります。たとえば、ロンドン在住の方がオーストラリアを代表して走る場合、ロンドンのタイムゾーン内でランニングをしても、オーストラリアに記録されることになります。

終了済みのラウンドで走り損ねてしまいました。次のラウンドで走ることはできますか?

自分の国がトーナメントに残っている限り、仮に前の、またはすべてのラウンドで走り損ねたとしても、次のラウンドで走ることができます。ただし、トーナメント開始後に一度走ったことのある国を変更することは一切できません。

自分の国が敗退してしまいました。国を変えることはできますか?

Vitalityランニングワールドカップにおいて、代表として走れる国は1カ国だけですが、参加お申込み時にその国を選択できます。予選のランニングを終えるまでの間は、ご自身が代表として走る国を変えることができます。それ以降トーナメントが終了するまでは、選択した国とEメールアドレスがリンクされます。

トレッドミルで走ることはできますか?

あなたのランニングトラッカーがトレッドミルでのランニングをトラックすることができさえすれば、記録が送信され、国のランニングの合計距離に加算されます。それができない場合は残念ですが、手動で加算されたランニングの距離を受理することはできません。

手動でトラッキングしたランニングの距離を記録することはできますか?

他のプラットフォームで行われているようなランニングチャレンジとは異なり、競技の公正さを保護するために、手動で記録されたランニングの距離を受け付けることはできかねます。記録内容はアカウントで見ることができますが、国のスコアとしては加算されません。ご期待に沿えず申し訳ありませんが、このルールに関しては例外を認めることができかねます。

いつ走ればいいですか?

アプリにログインして「2020年トーナメント>各タイムライン」 をクリックすると、各ラウンドの日付と時刻が表示されます。30分以内に3kmという条件を満たせば、その時間枠内で走ったすべての距離があなたのランニングトラッカーに記録されます。現在お住いの国の時間枠内にランニングをする必要があります。例えば、あなたがロンドン在住でありながらもオーストラリアのために走りたい場合、オーストラリアではなく、ロンドンの時間枠内で走ってください。

Huaweiの機種を使うことはできますか?

Huaweiのスマートフォンをお持ちの場合、「Strava」または「MapMyRun」アプリをダウンロードするだけで、お手持ちのスマートフォンやそのアプリを介してランニングを追跡することができます。ご健闘をお祈りしております!

準備はできていますか?

パートナー